レンタル方法   how to  

 
   
  • このレンタル契約はお客様との契約伝票に記載する期間及び料金にて商品をお貸出し(レンタル)するものです。
  • お客様のご身分が明らかでない場合には保証金をお預かりする事があります。
    この保証金はこの契約に定められたお客様の全ての債務を担保します。
  • レンタル期間中は中途で解約なされた場合であっても、
    当初定めたレンタル期間の料金のご返金は出来ません。
  • 決定したプランに沿って、必要アイテムの用意をいたします。
    必要に応じて実施・運営までをサポートいたします。
  • イベント終了時にはお客様にご満足いただけたかどうかヒアリングを行います。
  • 商品は店頭渡し、店頭返還とします。
    但しお客様が配達、引き取りをご希望になる場合には、別途所定の料金をいただきます。
  • 商品は使用目的に合った使用をしていただき、利用保管については、充分なご注意をお願いします。
  • 商品を甲に返還される場合に通常の使用による損耗、原価以上に商品が破損し修理を必要とする
    場合には修理代金に相当する費用を弁償して頂きます。
  • 商品について第三者が、差押、仮差押又は権利主張をする恐れがある場合
    直ちに甲宛にその旨を通知していただきます。
  • お客様は商品を第三者に使用させたり・譲渡、質入、転貸、占有移転等の処分をしてはいけません。
    又商品を改造、改装してはいけません。
  • 商品に構造上の欠陥があり修理してもお客様のご使用目的を達成できない場合直ちにご連絡いただくものとします。甲は同種同等の代替品をレンタルいたします。代替品がない場合は上記伝票のレンタル料の払戻しをもって一切の責任を免れるものとします。
  • 商品がお客様のお手元にある間に返還不能及び修理不能の状態になった場合は、レンタル期間中の料金(期間を越えておればその期間の延長料金)の他に甲が一定の基準により算出したその商品の価格と同額を弁償していただきます。
  • お客様が商品を使用されるについてお客様の使用上の不注意によって生じた損害については、
    甲は一切の責任を負いません。
  • 甲は商品の操作機能確認の上お客様に商品をお渡しした後、
    お客様に生じた使用目的を達しない等の損害については一切責任を負いません。
  • 宅配の場合、商品受け取り後すぐに梱包等を開封し、お客様自身で取り扱い説明書等を確認し、使用目的を達成できるように商品チェックしてください。チェック後使用目的を達成しない場合直ちにご連絡いただくものとします。
  • 商品が盗難、火災に遭った場合にはお客様は盗難届、被災証明をとっていただきます。
    (国外を除く)甲が保険給付を受けた場合には、免責額を除き弁償金はいただきません。
  • 若しお客様との間に、この契約に関して紛争を生じた場合には、第一審の管轄裁判所は甲の本店を管轄する地方裁判所といたします。
  • 貸出時に、身分証明書として、運転免許証、日本国旅券(パスポート)、学生証、健康保険証のいずれか1つをご提示ください。(証明番号などを控えさせていただきます。)いずれもご用意いただけない場合は、保証金をお預かりする場合がございます。また未成年については身分証明以外に親権者の同意が必要です。
    

[イベント用品] [家庭用品] [店舗紹介] [レンタル方法] [会社概要] [リンク集] [カタログ請求] [ご注文・お問い合わせ] [個人情報保護方針]